無保険者傷害保険

無保険車傷害保険は一般的に自動車保険を契約した際にセットでついている場合がほとんどです。名前からだけだとどんな内容の保険なのか分かりにくい方が多いでしょう。
この保険商品は、交通事故に遭った際に、加害者が自賠責保険に加入していなかった場合に支払われる保険です。但し、後遺症障害の認定を受けた人だけが対象となっていますので実際にこの保険が使われることは非常にめずらしいケースといえます。

ひき逃げされた時

 ひき逃げをされ、怪我の治療が終わり、医師から後遺症診断書が発行され、自賠責の調査事務所で後遺症認定を受けた時は、無保険車傷害保険を請求することができます。但し、事故に遭遇した時に乗っていた車がその保険に加入していることが前提となります。人身傷害保険の場合は車に搭乗していくなくても支払われるケースはありますが無保険車傷害保険ではありえません。

Copyright (C) 2010 ひき逃げ被害者救済の手 All Rights Reserved.