人身傷害保険

人身傷害保険は、過失に関係なく損害をみてくれる保険です。通常人身事故を起こした場合、怪我をしても過失が多い場合は、相手保険会社が治療費など病院への一括払いをすることはありません。
過失の多い場合運転者は自分で相手の自賠責保険へ直接請求をするのが通常となっていました。また、親族間にも対人賠償では保険金は支払われませんので怪我をされても、救済されないケースがありました。

人身傷害保険の誕生により親族間であろうと、過失が自分に100%(自賠責保険から払われない)でも、人身傷害保険が保険金を支払ってくれますので、今や人身傷害保険への加入は必須といえます。人身傷害保険では休業損害、通院交通費、治療費、入院雑費、慰謝料に準ずる見舞金等が支払われます。また後遺症が認定された場合も補償を受けることができます。

家族が怪我をした場合

  保険契約内容は一般の方には非常に分かりにくい話になりますが、親族間で起きた怪我の場合は対人賠償保険では家族の怪我に対する治療費は支払われません。

例えば、家族で出かけて自損事故をして、それぞれが事故をした場合に今までは、搭乗者傷害保険しか適用にならないのです。対人賠償保険は家族間では金銭の争い事はない前提で約款が作成されているからです。

ですから、お父さんが運転をして、奥さんや子供が怪我をした場合対人賠償保険は意味を果たしません。お父さんがお爺ちゃんお婆ちゃんを乗せて起こした事故も同じです。人身傷害保険は対人賠償保険、自賠責保険で認められる、認められないに拘わらず補償をしてくれますので人身傷害保険に加入していれば、安心です。
因みに、自賠責保険では親子間、夫婦間も他人生が認められていますので自賠責は支払われます。これも被害者救済の観点から行われていることです。

ひき逃げされた時

 ひき逃げをされた場合は車に乗車していた、いないに関わらず同居の親族が加入している自動車保険契約書を確認して下さい。その内容に人身傷害保険契約があれば遭遇した事故に適用されるか確認をして下さい。人身傷害保険には歩行中でも適用される内容もありますので、ひき逃げをされた場合は家族全て自動車保険の契約内容を確認するようにして下さい。

Copyright (C) 2010 ひき逃げ被害者救済の手 All Rights Reserved.