搭乗中

友達同士で旅行に行って、途中で誰かに運転を代わってもらった時に事故が起きた場合。家族限定や年齢条件によって保険が適用されない場合があります。事故を起こした本人の保険が適用できるケース(他者運転危険担保特約)もあります。どの保険も適用できなかった場合には、あなたか若しくは同居の家族が契約する自動車損害保険の内容に人身傷害保険に加入されていれば自分が被った人的損害については補償を受けることができます。

※ 保険会社により、契約車両以外に搭乗中以外は補償されない場合もあります。契約時にはよく確認する必要があります。

上記のような場合は比較的人間関係にも歪みが生じることがあります。車を貸した側と運転者側の間で、お互いの考え方の違いが怒りに変わってしまうことすらあります。保険が利かない状況で実際に損害を補てんするものがなければ別問題も発生しやすくなります。

そんな環境の中で自分の損害を運転していた人に請求することも雰囲気的にしづらいこともあります。そんな場合は人身傷害保険に請求をすれば保険会社が事務的に損害の補てんをしてくれますので精神的にも助かるでしょう。

また人身傷害保険に加入されていなかった場合は、自賠責保険に被害者請求することが出来ます。これは自賠責保険の契約者が誰であろうと、被害者は契約者の許可なしに直接請求できる制度です。自賠責保険の請求項目によって実際に生じた損害を基準に従って払ってもらうことができます。

Copyright (C) 2010 ひき逃げ被害者救済の手 All Rights Reserved.