歩行中

自転車や歩いていて交通事故に遭遇することもあります。不幸にも相手が逃げてしまったり、相手が任意保険に加入していなかったりして、思うように賠償が受けられないことがあります。このような場合は同居の家族が加入している任意保険内容を確認してみて下さい。人身傷害保険に加入していた場合補償を受けることができる場合があります。保険会社によって人身傷害保険の内容が違いますので、人身傷害保険に加入していれば必ず補償が受けられるとは限りません。

人身傷害保険の内容に違い

★契約している車両搭乗中のみ適用
★車に搭乗中であればどんな車であっても適用
★交通事故であれば歩行中でも適用

以上から契約時に選択することができます。

これは保険料を安く設定できる契約の場合にあることです。保険会社によって異なりますのでご自分の契約を見直して下さい。また、保険料が安くなりますが一家に複数契約がある場合は1台分の契約だけは歩行中も人身傷害保険が適用できる契約にされることをお勧めします。

ひき逃げされた時

ご自身、ご家族の保険契約内容によりますが、

◆ 搭乗者傷害保険
◆ 人身傷害保険
◆ 政府保障事業

これらに請求できる可能性があります。契約されている保険証券を手に保険会社に電話確認されることをお薦めします。

Copyright (C) 2010 ひき逃げ被害者救済の手 All Rights Reserved.