事故証明の取り方

一般的には交通事故をした場合、保険会社が交通事故証明を取ってくれます。

しかし、ひき逃げをされ、政府保障事業に請求する場合は自分で手続きを行うしかありません。交通事故証明の請求手続きはとても簡単です。

警察署の交通課と郵便局の2ヶ所に行けば完了です。

警察署の運転免許証の書き換え手続きをするところへ行って「事故証明が欲しいんですけど」と言えば申請用紙を無料でくれます。書き方もその場で教えてくれます。
事故日と事故現場住所と名前を書けばOKです。相手の名前や住所を書く欄もありますが分からないところは書かなくてもかまいません。数ある事故情報の中であなたが起こした事故だと確認できるだけの情報があればいいのです。

郵便局でお金を払って下さい。事故証明は600円ですが郵便局の手数料が100円掛かります。あとは自宅に郵便で届くのを待つだけです。もしあまりにも遅い場合は電話で確認すると、現在の状況を教えてくれます。

ひき逃げ事故の場合、所轄の警察署が犯人が見つかるかもしれないと、しばらく待っている(書類が止まっている)こともあります。そうした場合は所轄の警察に電話をして、「手続きを進める関係上で事故証明証が欲しいので書類を進めて下さい」といえば直ぐに進めてくれます。

Copyright (C) 2010 ひき逃げ被害者救済の手 All Rights Reserved.